泡盛にはまった母

健康のことを考えて、泡盛を買ったよ、と自慢げに母親が報告してきました。
母親は試すということが大好きで、情報番組をみては、なになにが体にいいと言っていた、これを食べると若返る、と毎週のように私に報告してくれます。
私は、別に情報が欲しいとは思わないのですが、うれしそうに、いきいきと語ってくれる母親を前にすると、じゃけんにもできず、聞いてあげるのも親孝行かなと思っています。
ときどきは質問もしてあげます。
するとさらに声を張って、それはね・・・と先生か教授にでもなったかのようです。
そして、気になる情報番組の勉強の効果は、何せあらゆる新しいものに手を出すので、3日坊主状態です。
しかし偶然か泡盛は自分にあっていたのか、珍しく続いています。